母との関係

母と会うときに、本当に参るのが、元同居人とのことを聞かれては意見されること。

もう終わっているので、「はいはい、そうですね」と聞き流すしかないのだが、

自分の人生における大きな選択ミスをいつまでも言われるのはつらい。

つらいというよりむしろ、母に安心できる老後を送らせてあげられなかったことが申し訳なくて、そして、彼との生活について根掘り葉掘り聞かれるので、思い出したくもないことをいろいろ思い出しては話をさせられて、心がどうにかなりそうになる。

私が悪いので、絶対逆らわない。けど。